Home > 日記 > 音割れした楽器の再現

音割れした楽器の再現

  • Posted by: hesuko
  • 2007年4月 7日 13:18
  • 日記
  •  

音割れとは、管楽器等で息の吹き込みの際に鋭く吹くことで
楽器自体を振動させて音質を変える…って説明であってるかな(え

具体的にはビックバンド等の管楽器編成で良く目にしますよね。

打ち込みでコレを再現する方法はちとわかりません。
音源によってはソロ音色を用意していて
それの高ベロシティに音割れ音が当ててあるものもあるようですが。

※音割れとかは無視して、アートリア社の「BRASS」って音源良いですよね、
 実際触ったことは無いんで、もしかしたら音割れ機能ついてるかも。

実際、DTMで再現しようとするならやっぱ録音した方がいい気もしますが、
無理なら以下の何パターンかを組み合わせるのが良いのかなぁと
#検証してない(駄

・一度録音した上で、オーディオソフトで極端に音量を上げて保存
 →DAWに取り込んで音量下げる

 音の広がり方が変わります、が歪みが酷くなる事があるんであまりやりすぎるとダメっぽい。

・ディストーションを微量かける
 最近のDAWは割と良いエフェクト掛かるんよね…cakewalk時代がなつかしい…。
 SONAR-LE等の正規フリー版でもそれなりのエフェクターがそろってます。
 ディストーションとコンプを調整すればたぶんいける。

視聴
実際問題、あんまりかけなくてもそれっぽく聞こえるんですよね、最近のbrass系は。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://sm.2-d.jp/mt/mt-tb.cgi/43
Listed below are links to weblogs that reference
音割れした楽器の再現 from SiteModifyBlog

Home > 日記 > 音割れした楽器の再現

Return to page top