Home > コラム > プラン別のCDの作り方

プラン別のCDの作り方

  • Posted by: hesuko
  • 2008年6月14日 11:05
  • コラム
  •  

※ここにあるだけが方法ではありません、こっから幾らでも応用が利くので自由にやってください。
仕様変更があったりとか何かしらのトラブルが起こったりとかしても
こちらでは責任がもてませんし、当該メーカーも多分負わないと思います。
参考程度に、自己責任で製作してくだされば幸いです。
あと、商品リンクは全て該当社へのリンクになっています。

CDケースの形状

さて、先ず最初にCDケースの形状について。
尚「4P」や「8P」等、ページ数が書かれていますが、書籍のページ勘定のお話は後述しますのでその辺も参考にしてください。
又、自作の場合は「オビ」と呼ばれる印刷物は製作されて無い方が多いみたいですが、目をひきやすいのでお財布に余裕があればやってみても良いかもしれません。

CDのケース(1枚単位保管用)には一般的に「Pケース」「スリムケース」「不織布ケース」「紙ケース」「トールケース」があります。
又ケースにはカラーバリエーションがあります。

DSC02054ed.JPG

Pケースは一般的なアルバム形式等で使用される、普及されてるタイプのものです。
ブックレットを入れ込むことが出来るのが最大の特徴で、
歌詞などがある場合はこのケースが適していると思います。

一般的な印刷物:
ジャケット(ブックレット可(12P前後))、CDラベル、インレイ、オビ

注意事項:
後述しますが、Pケースの透明ケースを扱う場合、インレイ印刷を両面行う為、
上記のケースの中で最も印刷コストが掛かります。

[サンワサプライ製][エレコム製]

スリムケースはジャケットのみを差し込むもので、商業ではあまり見かけません、
通常は個人間のデータ用CD等で使用されるものですが
同人などではCG集等で良く使用されています。
又同人音楽でもミニアルバムやシングル等で利用されています。
最も特徴的なのはその薄さで、5mm程度で収まる為在庫保管がしやすいです。

一般的なスリムケース印刷物:
ジャケット(ブックレット不可4P程度なら可能?)、CDラベル
※オビもやろうと思えば可能だが見かけない

スリムケースの注意事項:
その薄さから、ブックレットの差込には不向きです。

[エレコム10枚入][エレコムカラーバリエーション3枚入]

DSC02065ed.jpg

不織布ケースは表が透明ビニール、裏が化繊布で張り合わせてある
「CDを入れるだけ」のケースで、最もスペースの取らない方法です。
ケース単価も安く、無料CD等で多く見かけるケースです。
ジャケットを入れる事も出来るのですが、Pケース等と若干サイズが違うので注意が必要です。

一般的な不織布ケースの印刷物:
CDラベル(無い場合が多い)、ジャケットないし折り込みフリーペーパー(無い場合が多い)

不織布ケースの注意事項:
保存する際に傷がつきやすいので細心の注意を

[エレコム製]

写真募集...

紙ケースは上の不織布ケースのように薄いケースですが
ケース全体が印刷物なので豪華さが出ます。
こちらはシングルに多い手法で、ボーカルありの物に多いです。
又、組み立てが複雑になるので業者依頼のものが多いのですが、
自分で出来ないことも無いらしいです。

一般的な紙ケースの印刷物:
紙ケース兼歌詞カード、CDラベル、オビ

[mks社製(通販?)]
[horirium氏のページでも様々な方法が紹介されてます]

DSC02064ed.jpg

トールケースはDVDなどで一般的に利用されているケースでちょっと特殊です。
「ジャケット」と「インレイ」が一体型になっていて、ブックレットが別になります。
ですが歌詞量などが多くてもPケースより余裕があるためブックレットのP数に余裕があります。

一般的なトールケースの印刷物:
ジャケット、ブックレット、CDラベル

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://sm.2-d.jp/mt/mt-tb.cgi/190
Listed below are links to weblogs that reference
プラン別のCDの作り方 from SiteModifyBlog

Home > コラム > プラン別のCDの作り方

Return to page top