Home > コラム > MovableTypeデータ救出の最終手段(多分

MovableTypeデータ救出の最終手段(多分

  • Posted by: hesuko
  • 2008年9月27日 00:07
  • コラム
  •  

まぁようするにXMLから拾って直接ポストしていく方法ですが!

これをやる際のメモだけ書いときます。


※この方法で問題が起こっても責任は負いません!あとこの方法はMT3.0の際の方法で、
調べた感じでは3.0からかなり変更されてて参考になりません。
ちょっと見た感じでのメモなので恐らく問題起こるでしょうけどもまぁ大丈夫だと踏んでます(え

先ずXMLエディッタで読み込んで


「entry [id=xx][allow......]」がエントリーのデータになるのでこの中のパラメータ

・authored_on 実際に表示・処理される日時
・created_on 実際に作成された日時
・modified_on 記事修正された最終日時

要するに2008年1月10日夜にアパートに帰ってきた少年が「お正月に実家で暮らしたエントリーを書く」際は
・authored_on 20080101000000
(日記の日付軸をソートしたいので少年が投稿時に
 「新規作成→ブログ記事」の右の「公開タブ→公開日」を2008年1月1日に設定した)
・created_on 20080110230000
(2008年1月10日23時00分00分・MTのブログエントリーから実際に「投稿」ボタンを押した時間)
・modified_on 20081103010300
(写真を追加した、等)


後はそのなかのテキストデータを読んで適当に救出してやってください。
尚、エントリーが多いとこの方法は極めて馬鹿なので素直に3.xを入れなおして
バージョンアップで救出してください(身もフタもない

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://sm.2-d.jp/mt/mt-tb.cgi/12
Listed below are links to weblogs that reference
MovableTypeデータ救出の最終手段(多分 from SiteModifyBlog

Home > コラム > MovableTypeデータ救出の最終手段(多分

Return to page top