Home > お知らせ > | 日記 > M3お疲れ様でした

M3お疲れ様でした

  • Posted by: hesuko
  • 2009年5月 6日 12:54
  • お知らせ | 日記
  •  

日にちを超えてしまいましたが、M3お疲れ様でした。
そして当サークルのCDをお求め頂いた方に感謝。

当日はiMp95サンのサークルにて頒布させて頂きました。
おかげさまで在庫の方もほぼ無くなりまして、
当初予定しておりましたショップ委託の方もしないで大丈夫な形になりました。

ただでさえ家が同人誌で埋もれていて、在庫多かったら確実に親に怒られてたので助かりましたw

今後の予定ですが、秋のM3には一応参加予定ではあります。
只、毎年秋M3は大学祭の日程と重なっていまして参加が難しそうではあります。
研究室の中間研究発表会が毎年大学祭の枠組みで行われる為、今年は参加しないと駄目なので。
今のところケットコムさんからの情報だとあくまで「予定」日程として出されていますが、重なっています(泣

しかも、次回M3から会場が変わると言う節目で、お世話になってる身としてはどうしても参加したいのですが...orz
まぁ、大学優先はしょうがないですね。
誰かに代理で行って貰うか、又委託という形で頒布できればと思っています。


さて、今後の「体制」についてのお話。
昨日冴樹翼と一緒に飲んでその中で色々身の詰まった話をしてきたのですが。

「1サークル1ジャンルの体制の重要性」と言うところが話題になりまして
話して行くうちに自分もその重要性に気づかされました。

現在、ウチのサークルはまぁ、言うなれば「エントリーしてくれて、こちらの日程と合致さえすれば
技術云々は兎に角としてコンピレーションを作りましょう的なサークル(現在はテクノコンピ限定)」
として動いています。
ウチの知ってる限り、音系サークルと言うのはどこもかしこも「レベルの高いサークル」しかなくて、
初心者の個人が入り易い体制かと言うとそうでも無いと思います。
もちろん、ある程度知り合いが居て「一緒にやってみようか」と言う形で参加しているサークルさんは
何件も見たことありますが。
同人やって4~5年そこいらの自分が言うのはおこがましい所ではありますが、
自分がサークル活動しようとした時の踏ん切りは結構でかかったと思います。

ですがこれは頒布側の単なる思想でしかなくって、
リスナー層はどうでも良い話だろうなぁと思うのです。

これは前々から考えていた事ですが「自分が何を出すべきか」て事を考えた際、
それは「ニューエイジ/民族/インストゥルメント」であって、テクノでは無い、と言う事です。
リスナーの人達の多種多様な選別の仕方は重々承知ですが、大多数の人は音楽ジャンルで
ニュースサイト等から情報を仕入れていると思います。
当サークルのようになんでもやるサークルと言うのはあまり興味いかない気がします。

今までの活動行為を否定するつもりは毛頭無いですし、今後も色々やって行きたいのですが
この辺のジャンルの差別化をどう「1サークル1ジャンルの体制」と言う概念を外しながら
取り組んでいけるか、と言うのが昨日話した内容でした。

私「個人」としては、そろそろ一回りしたので
上記のニューエイジ関連の楽曲製作を行いたいと思っています。
だけどテクノも作りたいし、ポップスも作りたいのです(笑

最終的にチラシの裏のような形で締めくくる形になってしまいましたが、
wHのCDも次回で10枚目と節目を迎えます。
もうこれのプランはボーカル物として確定して取り組んでいますが、
これを機に何らかの方法でジャンル毎の体制化ができればなぁと思っています。

それでは。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://sm.2-d.jp/mt/mt-tb.cgi/257
Listed below are links to weblogs that reference
M3お疲れ様でした from SiteModifyBlog

Home > お知らせ > | 日記 > M3お疲れ様でした

Return to page top