Home > 日記 > Wikipediaをローカルデータベース(MySQL)として扱う for Vine Linux その4

Wikipediaをローカルデータベース(MySQL)として扱う for Vine Linux その4

  • Posted by: hesuko
  • 2009年6月16日 19:49
  • 日記
  •  

「Wikipediaをローカルデータベース(MySQL)として扱う for Vine Linux」の
その1~4について、スタブ化常態なので纏めました

帰宅するとrevision.txtが大量にWorningsエラーを吐いてて酷いです。

改めてMediawikiを見ると

patch for recent versions of mw (>=1.10)

because the revision table contains two new datasets since 1.10 (rev_len, rev_parent_id) the xml slightly changed. apply this patch to make it work again:

直訳「パッチ入れろや」
うへぇ...見逃してた。そりゃ通らない訳だ。
xml2sqlを再ダウンロードしてきて

#tar zxvf xml2sql-0.5.tar.gz
~ログ~
#cd xml2sql-0.5
#emacs xml2sql.c -nw

emacsにて[xml2sql.c]を展開、741行目のコードまで行くと

putcolumnf(&rev_tbl, "%d", revision.minor);
/* rev_deleted */
putcolumn(&rev_tbl, "0", 0);
finrecord(&rev_tbl);
    if(page.lastts == 0 || strcmp(page.lastts, revision.timestamp) < 0) {

と言うコードにぶつかる、ここを修正。

putcolumnf(&rev_tbl, "%d", revision.minor);
/* rev_deleted */
putcolumn(&rev_tbl, "0", 0);
putcolumn(&rev_tbl, "NULL", 0); //追加箇所
putcolumn(&rev_tbl, "NULL", 0); //追加箇所

finrecord(&rev_tbl);
    if(page.lastts == 0 || strcmp(page.lastts, revision.timestamp) < 0) {

これで良いらしい、改めてコンパイル&パイプ処理

#./configure
~ログ~
#make
~中略~
#bunzip2 -c jawiki-latest-pages-articles.xml.bz2 | xml2sql

現在解凍中...いけるかなぁ

追記:
うまくいかなんだorz

追記の追記:
なんとか出来ました。
ねむたーい


Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://sm.2-d.jp/mt/mt-tb.cgi/276
Listed below are links to weblogs that reference
Wikipediaをローカルデータベース(MySQL)として扱う for Vine Linux その4 from SiteModifyBlog

Home > 日記 > Wikipediaをローカルデータベース(MySQL)として扱う for Vine Linux その4

Return to page top